2006年04月10日

ポイント2・注文について

ポイントの二つ目として、注文についての記事を書こうと思います。


注文に際した各社の違いは、大きく分けて二点あります。

一点目は、注文機能の違いです。

ひとくちに注文と言いましてもいろいろありまして、
基本的な成行、指値のほかに、逆指値やリレー注文といった
ものがあります。


逆指値という注文方法は、文字通り指値の逆で、○○円
以下になったら売る(○○円以上になったら買う)という
注文であり、ロスカットを自動で行うことができることから
重宝されています。

リレー注文は、A株式の売りが成立したらB株式の買い注文を
行うといったように自動的に次の注文を出すことができる
ザラ場を見れない方にとっては重宝する注文方法です。

これらの多機能な注文を使用したければ、迷わずマネックス証券
をお勧めします。マネックス証券は、これらのかゆいところに
手が届く注文方法が揃っています。


二点目として、注文の速さの違いがあります。

現在はやや落ち着きましたが、システムの関係で市場の注文件数が
多くなると注文の速さが遅くなるといった事態がよく見られました。

私の知る限りでは、ライブドア証券の板乗りは遅いといったことが
よく聞かれましたし、市場が活発になるとE*トレード証券もそのような
傾向があったようです。逆に、マネックス証券やオリックス証券は
利用者がやや少ないこともあり遅延はあまり聞かれませんでした。


せっかく安い手数料でも、デイトレードで指し負けることで
損失を発生、利益を縮小していては元も子もありません。
このへんの感覚を気にする方は注文の速さも考慮したほうが
いいでしょう。


以上、2点を説明しましたが、投資スタイルによって最適な
証券会社は異なってくるということがわかっていただけたと
思います。ですので、自分の投資スタイルに合った証券会社を
選択しましょう。
posted by 元証券マン at 21:29| Comment(10) | TrackBack(2) | 証券会社選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポイント1・手数料

まずは、手数料について説明しようと思います。

おそらく、今から株式投資を始めようとなさる方というのは
少額の資金でやろうという方が多いのではないでしょうか。
そうなりますと、”手数料負け”という言葉があるように、
手数料の負担が重くなってきます。

ですから、できるだけ少額の手数料で取引できる会社を
選ぶのが基本です。


今までに紹介した証券会社を比較しますと、これまでは
文句なしでライブドア証券をお勧めしてきました。なぜなら、
プレミアムトレードパスと呼ばれる一ヶ月18,900円で
何度でもトレードできるというお得な制度があった
からです。

ですが、ライブドアの不祥事の影響を受けて、プレミアム
トレードパスは廃止されることとなりました。定額制の
料金体系のないライブドアはお勧めできなくなりました。

そこで、手数料の面からお勧めするのは総合的にはE*トレード
証券、信用取引を行う人にはオリックス証券ですね。

E*トレード証券の手数料体系は業界最低水準ですし、
オリックス証券の信用取引手数料は格安です。

マネックス証券は、手数料的にはあまりお得感がありません。


今回は、手数料という観点のみを考慮して記事を書きました。
みなさんが証券会社を選ぶ際には、自分が優先したいポイントを
軸として考えて、ベストな証券会社を選んでください。

また、口座開設のみなら手数料はかかりませんので、
全ての証券会社で口座開設して実際に使用し、比較してみる
のも手です。
posted by 元証券マン at 18:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 証券会社選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。